いま皆さんがご覧になっているのはWhat Design Can Do Tokyoのウェブサイトです。オランダ・アムステルダムの本部から送られた情報をベースに、日本向けにローカライズしてお届けしています。


ここで注意して頂きたい点がひとつ。実際の「ノー・ウェイスト・チャレンジ」での応募は、本部のサイト上でフォームを利用して行うことになります(こちらも日本語で表示されます)

若干わかりにくくなってしまったことは、〈シティ・パースペクティブ(東京編)〉〈グローバル・ブリーフ〉のなかでも登場する「ブリーフ(BRIEF)」という言葉の扱いです。〈グローバル・ブリーフ〉のなかに、さらに3つの〈デザインブリーフ〉が組み込まれています。

ここでは「ブリーフ」の意味を「応募のカテゴリー/テーマ」のように捉えて頂くと、わかりやすくなると思います。なお応募の際には〈シティ・パースペクティブ(東京編)〉で説明されているつのブリーフのうち、ひとつ以上に該当することが必要です

*ご不明な点がありましたら、コンタクトフォームからお問合せください。また応募に関するオンラインでのオリエンテーションも予定していますその場合もコンタクトフォームからお申し込みすることができます。

1

2

TOP